PROFILE
金子修介(本名) 

プロフィール
 1955年6月8日東京都渋谷区初台生まれ。
 渋谷区立幡代小学校、三鷹市立第四中学校、都立三鷹高校を経て、  
 78年、東京学芸大学卒業、助監督として日活入社。
 84年「宇野鴻一郎の濡れて打つ」にて監督デビュー。
  (以降監督作については作品歴を参照)
 84年 ヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞。
 85年 6月にっかつ(80年社名変更、現在は日活)退社。
 88年 ヨコハマ映画祭監督賞、熊本映画祭監督賞を受賞
 95年 ブルーリボン賞監督賞、ヨコハマ映画祭監督賞を受賞。
 97年 第17回日本SF大賞受賞。 日本デザイン賞受賞


パーソナル・ヒストリー

 父・金子徳好は反戦運動家。母・金子静枝は切り絵作家。弟・金子弦二郎は脚本家。テレビっ子のマンガ少年として育ち、小学校低学年ではガリ版刷りのビラ新聞を発行したりするが、高学年では演劇と右翼思想を子供に教えるスパルタ担任教師・故濱野敏明先生の影響を受け、家は三鷹市に引っ越したのに、初台の幡代小に卒業まで越境のバス電車通学をする。
 都立三鷹高校1年の夏休み、文化祭出展のために、クラスで8ミリ映画『斜面』を脚本監督、71年度全都高校8ミリ映画コンテストに入賞。3年時制作の『水色の日射し』は、73年度読売主催日本を記録するフィルムフェスティバルに入賞、将来の職業として映画監督を目指すようになる。
 しかし斜陽映画産業の実態を噂に聞き、映画監督になれなかった場合のことを考え、学芸大学の小学校教員養成課程国語学科に入学。教員免状取得を目指しつつ、先輩部員2人しかいない映研サークルに3人目として入り、8ミリ長編映画『キャンパスホーム』『貝の季節』『プリズムタワー』『銀色の十字架』などを作り、教育実習も経験(77年・板橋区立志村第二小学校)。

『メインテーマ』でチーフ助監督のとき

 だが結局、教員免状を取っても教師にはならず、替わりに助監督試験に合格し (300人中、2名合格の難関)助監督としてロマンポルノなど35本に就く。 日活に下請けされた一般映画、児童映画にも数本、中には森田芳光監督の 『家族ゲーム』『メインテーマ』 などにも就いている。 内トラ“内輪エキストラの略”出演も多数経験。助監督としてのハードな仕事をしながら、TVアニメ『うる星やつら』『魔法の天使クリーミーマミ』などの脚本を書き、脚本賞である城戸賞の最終選考に残ったことが決めてか?数人の先輩を抜いて監督昇進。(小学校の同級生に劇作家の野田秀樹、大学映研の先輩部員にアニメ監督の押井守がいる)


   
東映京都撮影所に“単身赴任”